パパ活するブス

パパ活するブスにカフェでガツンと言ってやったら、その子、泣いちゃってさ。
だって事前にもらった写メと全然別人が来たんだよ?
だから、こんなの詐欺だろ!パパ活するブスなんてどんだけ恥知らずなんだよ!みたいなことを言った。
いや、最初はなんか怪しげな業者の存在を疑ったんだよ。
組織的にパパ活市場にブス投入して荒稼ぎしてるようなグループがいるんじゃないかって。
パパ活するブスなんだから、個人でできるわけない、何かの組織が絡んでるって俺は思いこんでしまったんだ・・・
だって、ブスが一人で「私もパパ活しよ」なんて思わないだろ。
金絡みのトラブルに巻き込まれたかなんかで、パパ活させられてるって考えたほうが自然だ。
ブサイクな私を好きになってくれたパパに処女喪失して彼氏彼女の関係に
ここで俺が切れれば、上に連絡して、取りまとめ役の男が出てきたら、尻尾捕まえて警察に突き出してやる!と俺は息巻いていたわけだ。
自ら進んでパパ活するブスが存在するとは思ってなかったからだ、当然。
「お前、ブスだからな?ブスに金払いたい男なんて存在しないの分かってる?こんなところにのこのこ来ちゃうってことは、ひょっとして気付いてない?だったら教えてやるよ、お前、ブスだよ?」
あー、すっきりしたー。言いたいこと言えたーって思ったら、そのブスが「っ・・ひっ・・・ひっ」って泣きだしちゃって。
カフェだったけど、周りの人もちらちら見てた。
だが、きっと周りの人も思ってくれただろう。「よく言った!パパ活するブスには現実を見せつけなければいけないんだ!」って。
結局業者とかはついてなくて、個人でパパ活してたみたいだけど、これに懲りてパパ活界には二度と足を踏み入れるなよ。
ブスのパパ活
喪女のパパ活